課金の仕組み-メール交換の度に課金される

2014年11月07日

子育て、貧困、うつ、借金、介護……出会い系サイトで売春するシングルマザーたちの生活は、惨たるものでした。
「好き」の定義を恋愛女性の心理学の研究では、「恋愛と好意の心象」とに振り分けて見ている様だ。
著者の神待ち掲示板情報さんは、『家のない少女たち』で知られるルポライターです。
私の場合は全額は無理でしたが、8割は戻ってきました。
合コンやお見合いパーティーの様に、恋愛を中心に回っている世界ではないのでそういった意味ではリスクが高いんじゃないかなと思いますよ。
これら3つのアクションが重要。
途中までは無料で、ある時点がら有料となる場合も同じです。
残念なことに、殆どは詐欺に近い状態と考えた方が良さそうです。
私も出会いのない職場にいました。
自動更新になることが契約時の確認画面では確認できない、利用規約にしか説明がない等表示に問題があるサイトもあり、トラブル防止のためにも用心が必要です。
 ところが、著者が彼女たちに出会い系サイトで売春したきっかけを聞いたとき、複数の女性から返ってきた答えは「だって寂しかったから」でした。
つまるところ、恋愛は付き合っている異性に対しての、好意という慈しみを込めたものは知り合いに向けた気分です。
ところが、うまくいったらいいなとか、甘えた考えだって感じていても真剣に夢見るのが恋愛と言う事でしょうね。
うつ病でまともに動くことができず、預金は底をつき、家賃の支払いのためにクレジットカードでキャッシングをし、出会い系サイトで出会った男性からもらうお金が唯一の収入……。

出会い系サイトの架空請求

2014年05月11日

出会い系サイトでよくあるトラブルに、架空請求があります。
出会い系サイトに登録する人は、1つのサイトだけに登録しているというのではなく、複数のサイトに登録しているケースが多いと思います。
そのため、自分がどういったサイトに登録しているかわからなくなっている人も少なからずいるのです。

架空請求は、身に覚えのない出会い系サイトの利用料金を払えというものです。
使った覚えがなければ払わなければいいのですが、複数の出会い系サイトに登録している人は、ひょっとして自分が登録したサイトで本当に使ってしまったかもと思ってしまいがちです。
架空請求をしてくるような悪質な業者は、過去に有料の出会い系サイトを利用したことがある人のデータを買い取っている場合が多いので、請求される側もついつい払ってしまうことが多いようです。

こうした事態を避けるために、自分が利用しているサイトの料金については、しっかり認識しておくことが大事です。
もし架空請求がくることがあれば、無視するか、国民消費生活センターなどの窓口に相談するようにしましょう。

P2P通信アプリを使って無料で出会った相手と連絡が取れます

2012年06月11日

スマートフォンの一般化により、スマートフォンの出会い系アプリも従来の携帯電話と同様の歴史を歩んでいる様です。
スマートフォン普及前期には、従来の携帯電話普及前期と同様に、出会い系アプリの男女比は1:1か女性が男性よりも多い状態で、まさに入れ食いの様な状態でした。
しかし、多くのニュースサイトやマスコミ等で、この事が報じられるにつれて、男性利用者の急増と、女性利用者の減少、そしてサクラや成りすましの増加等、以前と比べると、うま味が減ってしまったのが現状だと言えます。

では、スマートフォンならではの機能を使った出会いは無いのでしょうか。
それは違います。
この様な現状でも、賢くスマートフォンのアプリを使用する事で、実に有効なツールに早変わりするのです。
スマートフォンには、P2P機能を活かしたチャットや音声通話が可能なアプリが多く存在します。
インターネット上のパケット代はかかりますが、それ以外は基本的に無料です。
ほとんどのスマートフォンユーザーは、パケット無制限等の割引サービスに加入していると思われます。
ですから、インターネット上のパケット代は現実的には無視してもかまわないのではないでしょうか。

この様なアプリの特徴としては、登録IDを教え合う事で手軽に連絡が取れる事です。
電話番号やメールアドレスを教え合う必要すら無いのです。
ただし、間違えてはいけないのは、これはお互いに連絡を取り合う為のツールだと言う事です。

そこで、従来の出会い系サイトで出会ってから、この様なツールを利用する事で、無料で相手と連絡がとれる訳です。

結婚という二文字が重荷になることも

2011年12月27日

男性でも女性でも「結婚」と言われると、重荷に感じる人がいます。
まだ結婚する気がなかったり、遊びたいと思っていたり、恋愛を楽しむことしかとりあえずは
考えていない人もいます。
そんな人に「結婚」と言う言葉ばかりを出していると、楽しいどころか重荷になってしまい、
他の相手を探そうと離れて行ってしまうこともあるのです。

結婚願望がある人で、過去に結婚の話ばかりをして相手を疲れさせてしまった経験は
ありませんか?
自分がしたいと思う時と、相手がしたいと思う時とは時期が違うこともあります。
自分では大丈夫と思っていても、相手はまだ遊びたかったり、経済力に自信がなかったり、
結婚相手としては考えられないことだってあるのです。

出会い系サイトとなれば、まだ顔も見たことがない相手だし、初めてメールでやりとりを
する相手です。
それなのにいきなり結婚の話はNG。
まずは楽しいやりとりができることが先決です。
もちろん、これもバツイチで子供にパパやママを…と言う言葉も、母親や父親が子どもに
欲しいだけ?と思われてしまうこともあるので注意してください。

結婚という二文字が重荷になることも

2011年12月27日

男性でも女性でも「結婚」と言われると、重荷に感じる人がいます。
まだ結婚する気がなかったり、遊びたいと思っていたり、恋愛を楽しむことしかとりあえずは
考えていない人もいます。
そんな人に「結婚」と言う言葉ばかりを出していると、楽しいどころか重荷になってしまい、
他の相手を探そうと離れて行ってしまうこともあるのです。

結婚願望がある人で、過去に結婚の話ばかりをして相手を疲れさせてしまった経験は
ありませんか?
自分がしたいと思う時と、相手がしたいと思う時とは時期が違うこともあります。
自分では大丈夫と思っていても、相手はまだ遊びたかったり、経済力に自信がなかったり、
結婚相手としては考えられないことだってあるのです。

出会い系サイトとなれば、まだ顔も見たことがない相手だし、初めてメールでやりとりを
する相手です。
それなのにいきなり結婚の話はNG。
まずは楽しいやりとりができることが先決です。
もちろん、これもバツイチで子供にパパやママを…と言う言葉も、母親や父親が子どもに
欲しいだけ?と思われてしまうこともあるので注意してください。

最新記事
リンク集